美しさを保つ美容法

008

年齢が高くなると、毎朝、鏡を見るのが嫌になります。しみ、しわ、くすみ、たるみとこの前までは自分とは関係なかった言葉が浮かんできて暗くなってしまうからです。

特に、ショッピングに出かけたりすると、更衣室で似合うはずの服が似合わないことにきずいたときのショックは、立ち直れないものがあります。

ひと月前に同窓会に出かけました。女子高の同窓会です。

同じ年齢なのに、先生かと間違うほど老けている人もいましたし、反対に10年前と変わらない美しさを保っている人もいました。

あらためて、月日の流れと、美容の必要性を実感しました。その中でも、注目を集めていた美女がいました。

昔は、それほど目立つ存在ではなかったのですが、ピンク色の肌といい、身のこなしといいクラス中の羨望の的になっていました。

彼女が使っているというプラセンタの話になりました。

プラセンタは、肌の大敵のメラニン色素を作る活性酸素をとりのぞいてくれるので、美白効果に優れているらしいのです。

その日、紹介してもらい早速つかってみました。化粧品とゼリーです。二、三日使っただけで、ワントーン肌が明るくなったようです。

ゼリーも、おいしいのでこれで美しくなるのならと、せっせと食べています。美容にいいだけではなく、プラセンタをとると、ダイエットはもちろん、冷えやバストアップにも効果があるそうです。

代謝が良くなるからだと思います。今年は私にとって、美容元年になりそうです。